2017年12月07日

1966 NOVA Wagon #2

E/G Oil Panの 脱着交換作業です
_20171206_8577.jpg _20171206_8578.jpg
ステアリングのリンケージ関係やP/S アシストシリンダー等を移動しないとOIL Panが取外せません。
 Panを開けたところでOil Pump Pick UP等が破損していないかチェックです
_20171206_8580.jpg _20171206_8583.jpg
内部の損傷は無かったのでクリーニングして新しいOil Panを装着します。

 追加でRrエアーショックの取付です。
 お仕事の納品などにもこの車が活躍しているそうでこの間少し低くした車高が重い物を積んだ時に低くなり過ぎ
スタイル的にはお気に入りだそうで、必要な時だけRrの車高を調整できるようになりました。
_20171206_8593.jpg _20171206_8594.jpg
お客様が購入してお持込ですわーい(嬉しい顔)
エアーショックの故障の大部分の原因はプラスティックエアーチューブの破損、フィッティングの締めすぎ!
_20171206_8596.jpg _20171206_8597.jpg
 エアーチューブの取回しを良く考え、可動部分&エキゾースト付近は特にタイラップベース等で確実な固定が必要です!
   (shockにsetされてくるパチッ とtubeをはめ込むclipではすぐに外れてしまいますから~)
posted by Advance Auto at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒストリックカー