2020年08月25日

1968 Camaro Hirstric Transam Racing Car製作 2020 AUG #2

DSC_4814.jpg DSC_4803.jpg
Rr Swaybar(スタビ)に使用するロッドエンドベアリングが揃ったので、
取り付けボルトの長さを検討して
各部分のカラーx8個を旋盤で製作します
DSC_4807.jpg DSC_4810.jpg
車両に組み付けて作動確認しておきます。
DSC_4812.jpg DSC_4813.jpg
Topマウントのボルトが長いのですが、走行してから動く様でしたら追加bracketを装着する可能性が有るので そのままにしておきます。
# 『Build in Japanで自分で製作したアメリカ車で参戦!』
@ Advance AUTO
posted by Advance Auto at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing

1967 Camaro CheckUP&maintenance #5

お次はP/S フルードの漏れ、点検修理です。
DSC_4790.jpg DSC_4791.jpg
ATF&PS フルードを適量注入。 静止状態での漏れをCheckしながら、
DSC_4795.jpg DSC_4799.jpg DSC_4798.jpg
漏れをすぐに発見出来るようにfloorのお掃除です。
EGをスタートして温めながらフルードの量を調整、PSは同時進行でエアー抜きを行います。
30分ほど回して漏れを確認して、フルード量も再確認です。
     DSC_4801.jpg
一度 常温までクーリングして再度、 EGをスタートして漏れの確認をいたします。
@ Advance AUTO
posted by Advance Auto at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カマロ