2021年02月15日

1969 Camaro CheckUP&maintenance #11

『冷間時の始動性が悪い』
と言う症状を見ようとしたら、それ以前にスターターがスムーズに作動しない時がありました....
何日か空けて再度Testしたら違和感....
DSC_7236.jpg DSC_7241.jpg
スターターを修理した時にアース線が気になっていました。
室内にキルスイッチを増設して有ったのですが(−コントロール)
バッテリーからの元々のアース線のターミナルからショボイアース線でベースとなるボディーアースを取って有りました。
ショボイアース線の付け根をみたら焦げていました....
アース不良ですね!
DSC_7237.jpg DSC_7238.jpg
大元のアース線のターミナルを取り外し、傷んでいたエンド部分をカット。エンド部分のキボシをカシメ+半田付けで製作。
DSC_7239.jpg DSC_7240.jpg
これでスターター問題はスッキリ解消いたしました。
バッテリーをトランク内に移設するなら長くなるケーブルも更に余裕を持った容量のケーブルが必要不可欠です!
posted by Advance Auto at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カマロ