2022年03月06日

1968 Camaro Historic Transam Racing Car製作 2022 #14

シリンダーヘッド
SVRA TA-S classに使用可能なヘッドは鉄製、ストレートプラグ、部品番号まで指定されています。
DSC_1995.jpg DSC_2051.jpg
『鉄っちんHeadなんだ〜』と
なめていたら〜
へたなRacingアルミヘッドより 物凄い事に成っていました!
5年ほど前から 現状を知る為に 30年以上お世話になっているUSAのレースエンジン屋さん&SVRA Historic Transam Race を観戦(Pitにいた方が多かったですが)しに2回ほど足を運んで 研究。
DSC_2001.jpg DSC_1997.jpg
指定のベアヘッド(穴がほとんど開いていないやつです)からCNCポーティング、 バルブシート等の機械加工。
DSC_2041.jpg DSC_1999.jpg
バルブはTitanium製を使用します。
Data をリクエストして、ばらして加工しようと思っていたら USAから『Everything in the Head is set and ready to go.それ以上 さわるんじゃ ね〜よ〜!』 みたいなmailが来ました。
SNS,ADV blogをcheckしてくれているみたいです!?
私的にはいじりたい箇所が有るのですが、ばれると次回から部品供給 してくれなくなるかも? と 言う事で
DSC_2012.jpg DSC_2025.jpg
Checkだけを済ませ、paintです。

それにしても 鉄製ヘッド重いです〜
DSC_2045.jpg DSC_2036.jpg
片側25kg 弱、腰が痛くなる〜

posted by Advance Auto at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing

1969 Corvette C3 #6

Check UP&meintenance

P/S AT T/M等のオイル漏れCheckです。Brake Fluid等もCheck.
DSC_2046.jpg DSC_2039.jpg
E/G関係
スパークプラグを脱着点検。カブリンチョ だったので交換です。
DSC_1958.jpg DSC_1986.jpg
キャブレターも清掃点検、締め付けして注油しておきます。

DSC_2049.jpg
オートチョークを調整して、エンジンを暖気してキャブレター&点火タイミング等の調整です。

スピードメーター等 アフターマーケットのメーターが装着されているのですが、
スピードメーターの速度表示がパーチョコリンなので 再設定しておきました。

火曜日に最終点火して終了予定です。
posted by Advance Auto at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コルベット

1969 Corvette C3 #5

Check UP&meintenance
DSC_2028.jpg DSC_2030.jpg
Frハブベアリング等の洗浄点検。かるくpaint.
DSC_2029.jpg DSC_2031.jpg
グリスリパックをリパック、ハブシール は交換します。
DSC_2013.jpg DSC_2044.jpg
P/S Fluid&ATFを注入して、暖気して漏れのCheckです。

posted by Advance Auto at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コルベット