2022年08月02日

1968 Camaro Historic Transam Racing Car製作 2022 #75

バッテリー搭載用のmount製作です。
アルミかスチール どちらにするか?
DSC_3461_1659420694483.jpg DSC_3462_1659420691434.jpg
迷ったのですが かなり重量がかさむのでBase Plateはスチールで製作です。
(アルミだとかなり厚みが必要だったので)
切り出して
DSC_3464_1659420685230.jpg DSC_3466.jpg
⇒ベンダーで曲げ⇒穴開け
DSC_3468.jpg DSC_3469.jpg
⇒バーリング用もホールソーで穴開け⇒プレスでバーリング加工
DSC_3473_1659420651012.jpg DSC_3470.jpg
posted by Advance Auto at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing

COBRA Contemporary #12

灯火類は ほぼ完了。
ただし ウィンカーレバーAssyがNGで 分解してみましたが、既に何処かて分解したらしく?
接点の金具とか小さなビス等が入ってなくて 使用不能です。
DSC_3403.jpg DSC_3404.jpg
このPartsを1ヶ月位 ず〜と探していましたが、答えは『在庫なし、生産中止』でした....
VWのPartsなので Ys Capの佐藤君に聞いてみました。
紹介された(有)カラーキングさん に連絡して やり取りしたら全く同じ物が 一個だけ有りました!
DSC_3459.jpg DSC_3460.jpg
久しぶりにパーツ販売のProと お話し出来て 感動してしまいました。
有り難う御座いました
Thank you !
posted by Advance Auto at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | COBRA

2017 Camaro SS 1LE #4

Oil pan 付近からのオイル漏れ点検修理

洗浄したエンジン オイルパン、一応 平面図が出ているか?
DSC_3457.jpg DSC_3456.jpg
ストレートエッジを使用してCheckしておきます。
DSC_3455.jpg DSC_3472.jpg
取り寄せて有る特殊なO-ring類を現物と照らし合わせてみたら 一個足りません....
国内 探しましたがNG...         超特急便でUSA orderです。
DSC_3451.jpg DSC_3452.jpg
エンジンブロック側のオイルパンと接する部分等を洗浄してオイルストーンで面出し後、面を荒らしておきます。
(オイルパン ガスケットはRTV液体シリコンガスケット指定で、オイルラインの重要部分のみO-ringを使用しています)
DSC_3453.jpg DSC_3454.jpg
Partsが入荷まで保留です。

#Chevrolet
#CamaroSS1LE
#オイル漏れ修理
#オイルパン脱着

#ADV#Yokohama#Japan
posted by Advance Auto at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カマロ