2022年08月14日

1968 Camaro Historic Transam Racing Car製作 2022 #85-d

Lifeline製 消火器 取付
(SVRAのレギュレーションにより、E/G room x2箇所 Room内 x2箇所での取付が必要です。)

消火器を作動させるPull Cableの取付です。
ドライバーから&外部から 作動可能な様にする必要があります。
DSC_3565 (2).jpg DSC_3566.jpg
ドライバー側はメーターパネルのLH 下側に装着。
DSC_3564.jpg DSC_3565.jpg
外部側はRH Doorの後ろにブラケットを製作して取付ました。
ケーブルを固定して完成です。
DSC_3564 (2).jpg DSC_3567.jpg
肝心なボトルは 輸送の問題が有るのでUSAで購入してUSAサイドで預かって頂いています。
現地入りしてからマウントする予定です。

本日の目標までは終了です〜わーい(嬉しい顔)

#ADV1968Camaro
#SVRA#SCCA
#HistoricTransamRacing
#302RacingEngine
#3inchストローク
#TOEperformanceProducts
#Mooneyes
#消火システム装着
#レースエンジン製作
#ARP#ATI#CROWER
#CMPcams#Royalpurple
#TDmachineProducts
#AVIAID#PetersonFluidSystem
#Tilton#JERICO
#MSDignitionControl
#HCVforNASCAR

#自分でDriving出来る内に完成させたい
#BuildinJapanで自分で製作したアメリカ車で参戦
#アメ車バカ一代
#まってろAmerica

#ADV#yokohama#Japan
posted by Advance Auto at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | SVRA Vintage Trans-Am RACE

1968 Camaro Historic Transam Racing Car製作 2022 #85-c

Lifeline製 消火器のパイピングです。
(SVRAのレギュレーションにより、E/G room x2箇所 Room内 x2箇所での取付が必要です。)

噴射ノズルは全て取り付け終了。
DSC_0181.jpg DSC_3560.jpg
ロールで入荷しているパイプを真っ直ぐに伸ばす作業からです。
DSC_3559.jpg DSC_3561 (2).jpg
アルミの溶接棒で型取りしてパイプの曲がりをコピーして製作します。
DSC_3561.jpg DSC_3562.jpg
DSC_3564.jpg
パイプが出来上がったら、
DSC_3557.jpg DSC_3558.jpg
固定が必要そうな箇所にタイラップベースを取付て 固定していきます。
DSC_3566.jpg DSC_3565.jpg
posted by Advance Auto at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing

2017 Camaro SS 1LE #7

Oil pan 付近からのオイル漏れ点検修理  オイルパン脱着後 毎日オイル漏れのCheck。

再度Test driveして 漏れの最終点検です。


本日 納車まで完了です。
Thank you !

#Chevrolet
#CamaroSS1LE
#オイル漏れ修理
#オイルパン脱着
#MeteorRC
#Royalpurple
#PurplrICE

#ADV#Yokohama#Japan
posted by Advance Auto at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カマロ