2020年01月26日

1968 Camaro Hirstric Transam Racing Car製作 2020 JAN #3

そろそろE/G関係のPartsを拾い出しておこうと 調べ始めたが 使いたいPartsの

金額&納期を調べていったら          アラ〜驚いたがく〜(落胆した顔)

                                 DSC_2072 (2).jpg目

                               

シリンダーヘッドライトは指定された番号のアイアンヘッド(鉄ヘッド)を使用しないといけないのですが、チタンのバルブ類&リテーナーだけでも凄い。

DSC_2073 (2).jpg DSC_2074 (2).jpg
排気量は302が指定されているのですが、回転数上げられるように通常の3inストロークではなく2.98inストロークでボアを広げているようです。

Rodも6.2in ....クランク、ロッド、ピストン等、全てSpecial Orderして製作になりそうです。

「てっちん」と甘く考えていましたが、本場USAでは凄い所迄つくりこんでいますね。

現在走っているHistoric Transam Racing Car達と戦い

          、戦闘能力が ある車を製作と考えると妥協はできないな!

                       自分が 元気でDriving出来るうちに完成させたいな〜!?


#SVRA #SCCA
#HistoricTransamRacing
#302RacingEngine
#GM純正4Potキャリパー
#JL-8
#DUNTOV
#TitaniumPiston
#AProtor

@ Advance AUTO 

posted by Advance Auto at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187085113

この記事へのトラックバック