2022年08月12日

1968 Camaro Historic Transam Racing Car製作 2022 #85


                             DSC_3542.jpg
                                                      Hedder(タコ足)の作業です。

エキゾーストラップが乾燥(巻く時に水に浸して乾燥時にきつくなる様に)したので
DSC_3543 (2).jpg DSC_3544.jpg
Hi-HeatCoatingをたっぷりPaintして またまた乾燥待ちです。
                                              DSC_3545.jpg
E/Gはずらさないで取付出来るので 忘れないうちに 弛めておいた、マウントボルト&ナットを締め付けしておきます。
DSC_3547.jpg DSC_3548.jpg
Paintが乾燥したので エンジンに装置します。
posted by Advance Auto at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing

2022年08月11日

1968 Camaro Historic Transam Racing Car製作 2022 #82

Cooling FANの配線作業です。
DSC_3497.jpg DSC_3533.jpg
リレーを取付する位置を決めて配線を製作。リレーのブラケットをPopNutsを仕込んで取付。
DSC_3529.jpg DSC_3534.jpg
DSC_3486 (2).jpg DSC_3535.jpg
ラジエター下の配線はタイラップベースを装着して固定。
DSC_3536.jpg DSC_3537.jpg
サイドの配線はLifeline System(噴射式 消火器)の配管を這わせてから固定します。

配線しながら コアサポートのオイルクーラーに行くホースの穴x1 が インナーフェンダーのタイヤ側になってしまったのを思い出して
エンジンルーム側に穴を開けなおししておきました。
posted by Advance Auto at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing

2022年08月07日

1968 Camaro Historic Transam Racing Car製作 2022 #80

DSC_3465 (3).jpg DSC_3466 (4).jpg
作業とは関係無いのですがHVC Ignition Control 裏側が スケルトンになっていました。
(いつも駄目になった時に焦げている あの部分をCheck可能なように? ですかね!?)
DSC_3479.jpg DSC_3480.jpg
Ignition HVC Coil の室内側ケーブルを製作して装着 致しました。
DSC_3481.jpg DSC_3476.jpg
最後の方の写真はドライバー目線で見たときの様子です。
DSC_3477.jpg DSC_3478.jpg
posted by Advance Auto at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing

2022年08月05日

1968 Camaro Historic Transam Racing Car製作 2022 #79

Ignition Control関係のユニット類の装着です。
DSC_3465.jpg DSC_3466.jpg
イグニッションコイルを室内に装着するので Firewall Feed-Thruを取付します。
場所を吟味して穴開け。
DSC_3467.jpg DSC_3468.jpg
多分E/G脱着の時に邪魔に成りそうなので PopNutsを仕込んでエンジンルーム側から
DSC_3469.jpg DSC_3470.jpg

簡単に脱着出来る様にしておきました。

次はHVC Coil 装着。
こちらも装着場所にかなりなやみました。
悩んだ末に 結局、最初に考えていた場所に取付ました。
posted by Advance Auto at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Histric Transam Racing