2021年03月24日

1969 Camaro サス関係の作業 part U #17



高速でのTest driveも完了〜



         今回のmissionは終了です。
         DSC_7811.jpg
posted by Advance Auto at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カマロ

2021年03月23日

1969 Camaro サス関係の作業 part U #15

『スターターが カチッと音がするも 回らない時が有る』と言う症状。
ターミナル交換して解決したと思ったのですが、本日Testしたら10回に1回位『カチッ』....
あとはHot wireの容量不足しか考えられないので新規でHot wireの製作です。
DSC_7773.jpg DSC_7764.jpg
今まで使用していたケーブルより120%ほど容量が有る物で製作。
DSC_7778.jpg DSC_7791.jpg
トランクから下に出てフロアの下側を這う様に取り付けて有りましたが、
(こんなやり方ならノーマルの方が断然良いと思います!)
DSC_7765.jpg DSC_7767.jpg
かなりEXに近い部分が多く危険なのでFrファイヤーウォールまで全て室内を通しました。
DSC_7768.jpg DSC_7775.jpg
DSC_7776.jpg DSC_7777.jpg
結果 ケーブルの長さ 旧4450mm⇒今回製作3650mm 80cm程短く製作できました。
DSC_7779.jpg DSC_7780.jpg
 Testしてみたらスターターの勢いが全く変わり元気になりました!
        DSC_7785.jpg
  この車両を入手した時から有った状態だそうで、
     今回も『カスタムと言う改悪』の手直しと なりましたもうやだ〜(悲しい顔)

posted by Advance Auto at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カマロ

2021年03月21日

1969 Camaro サス関係の作業 part U #14

DSC_7762.jpg
『スターターが カチッと音がするも 回らない時が有る』と言う症状。
バッテリーをトランク内に移設して有るので『5倍位長く成っているHot Wireが細いのかな?』
とも思いましたが容量は十分有りそう、とCheckしていたらケーブルを止めて有るターミナル部分の汚れが目に入り、気になったので分解してみました。
DSC_7757.jpg DSC_7755.jpg
前回TopターミナルをCheckしてmaintenanceした時に私の見落としでした....反省。
銅製の生ケーブルをそのまま締め付けて有ったので見事にターミナル側の凹凸の形になり、少し弛んで内部が粉を噴いていました。
ケーブルの長さは十分に足りているのでエンド部分をカットして半田で円柱状に固めて新しいターミナルに交換です。
DSC_7759.jpg DSC_7760.jpg
昨日と同じ様な写真が有りますが,Test driveした時に『もう少し煮詰めたい』と感じてしまったのでスプリングレートの変更です。
DSC_7761.jpg DSC_7763.jpg
orderして入荷待ちです。


posted by Advance Auto at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カマロ

2021年03月20日

1969 Camaro サス関係の作業 part U #13

入荷待ちしていたスプリングが届いたので、ショックに組み込んで車高を調整。
DSC_7740.jpg DSC_7741.jpg
Hyperco の欲しいスプリングレートが欠品中だったのでEndless
X-Coilを使用します。
DSC_7743.jpg DSC_7744.jpg
X-Coil  特性がハイパコに似ていて、お気に入りです。
DSC_7745.jpg DSC_7749.jpg
脱着したボルト&ナット& ToeをCheckします。
       でもってTest drive〜
posted by Advance Auto at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カマロ